Menu

段差解消機を使用することのメリットについてお伝えします

車いすを利用する人にとって、玄関の上がり框といった建物の段差は、階段1段ぶんより低くても大変困難な障壁となって立ちはだかります。段差解消機を導入することで、その困難を取り払い、自由な行き来を実現します。段差解消機は、車いすに乗ったままで段差となっている箇所を垂直移動して通ることができるようにする介護用リフトです。解消機本体のテーブル部分に車いすに乗った状態のまま上がって、ボタンを操作することで、上昇も下降も思うままにできます。車いすを利用する人が自分で段差を移動することができるようになりますので、積極的に動けるという自信を持つことができます。また、介助する人の負担軽減にもつながることも大きな利点です。肉体的にも精神的にも、大きな助けとなる機械です。

段差の高さや場所の構造に合う解消機を導入

家の中で一番行き来が多い段差となるのは、やはり玄関です。木造家屋の場合、湿気への対策から地上から45センチ以上床を高くするように定められています。このため、玄関には必ず上がり框という段差があります。湿気対策の構造が、車いすの人にはネックとなってしまっています。段差解消機がもっとも有効となるのは、やはり家と外との関門となる玄関の上がり框と言えます。外出時に車を使う人は、車庫にある段差箇所に設置することで、スムーズな乗り降りを可能にすることができます。設置する場所それぞれに合うタイプの解消機があります。解消機が対応できる段差は、玄関の上がり框ほどの高さとなる階段1、2段程度の高さから、高さのある場所に対応する製品では2メートル以上の昇降が可能なものもあります。狭い場所で乗り降りができるタイプもあり、カスタマイズも可能です。

長大なスロープが必要な段差も最小限のスペースで昇降

階段1、2段ほどの段差であっても、車いすが安全に通れる斜度のスロープを設置すると、驚くほどの距離が必要となります。必要な長さのスロープを設けることが難しい場所でこそ、段差解消機の設置が有効となります。解消機を設置しさえすれば、通常のスロープを利用する以上に安全に、段差を行き来することができるようになります。必要な緩やかさのあるスロープであっても介助者の助けがなければ昇ることは困難ですし、下りにはスピードを加減する苦労があります。車いすの人が介助者の手を借りることなく段差を行き来できるようになることは、車いす利用者本人の自信を高めて、自立への着実な歩みにつながります。段差の行き来が楽になるだけで、介助する人にとってもかなりの助けとなります。物心両面から人の支えとなる解消機です。

階段昇降機の設置により介助者の負担を減らしていくことができます。 京都本社にて試乗可能な介護用品は大きく分けて3つとなっております。 住宅改修の事例を分かりやすく場所による写真にてご紹介しております。 会社設立25周年を記念して展示・研修館を開設いたしました。 当社は福祉用具に関する情報とお客様の視点に合ったサービスを提供して参ります。 【段差解消機】を試乗してみませんか