Menu

あなたに合った段差解消機を探す方法

玄関かまちや玄関前の階段、段差はいろいろなところに存在します。歩いて移動していた際には気にならなかった段差も、車椅子生活になると車椅子に乗った本人はもちろん、それを介助する方にとってもやっかいなものに。そんなときにおすすめなのが段差解消機なのです。介護保険を利用してレンタルすることもできます。利用することで、少しでも負担を減らすことができたらいいですね。ただ、簡易スロープというのも存在しています。こちらとの違いとはどういったものでしょうか。どういった方に段差解消機というのは必要なのでしょうか。あなたに合った介護用品の探し方、考えていきましょう。移動が楽になればあなたも家族の方も幸せに。外出しようという気分も上がり、元気が取り戻せるはずです。

簡易スロープを設置する場合との違い

玄関部分の段差を無くすには階段ではなく坂道に変えてやるのが一番。簡易スロープとはそのための道具です。階段を持ち上げて上げるよりもゆるやかな坂道を上るほうが移動方法としてはもちろん楽になります。ただ、ゆるやかな坂道を作るにはそれなりの距離が必要です。急な坂道であればやはり車椅子の移動が困難になってしまうので、段差の12倍もの距離のところからスロープをかけなければならないのです。玄関前にそれだけのスペースが取れるのであればよいですが、駐車場であったり庭だったり、車道に出てしまったりといった場合も多く、難しいという家が多いのです。その点、解消機の場合は省スペースで設置することができます。そこがメリットです。エレベーターとエスカレーターのそれぞれのスペースの違いを考えれば分かるでしょう。

電動タイプと手動タイプについて

段差解消機には電動タイプ・手動タイプが存在します。電動タイプの場合、本人が自分で操作できます。車椅子の操作がある程度自分でできるという方なら使いこなすことができるでしょう。一方、手動タイプの場合は足踏みペダルやハンドルを使うことで器具を上下移動させます。本人は操作が無理で介助者が行なうことになります。車椅子に乗る人の状態に合わせてどちらがよいか選ぶことになるでしょう。段差の上り下りというのは大変で、危険も多いものです。段差解消機を付けることで安全でスムーズな移動を実現させましょう。購入してもいいですし、レンタルする方法もあるので、必要に応じて選択するといいでしょう。段差の幅や高さに応じてカスタマイズすることは可能です。どんな家の段差でも解消させてくれます。