Menu

段差解消機の価格帯についてまとめてみました

段差解消機は、車いす利用者にとって通行が困難な玄関などの段差箇所に設置することで、スムーズな昇降を可能にする機械です。本体の構造や設置場所の違いによっていくつかの種類がありますが、車いす利用者本人にとっても介助者にとっても大変重宝な製品です。一番スタンダードなタイプは、車いす利用者が本体のテーブル部分に車いすのまま乗り込んで、ボタン操作で電動昇降させるものですが、小型エレベーターとも言える構造だけに、かなり高額な製品となります。安価という点では、電気を使わないスロープですが、設置するためにはかなりの距離と利用者の体力的な負担が大きくなります。本格的な電動の段差解消機は、本体価格だけで相当な高額となりますが、玄関など特定の場所のみの対策で済む場合は、設置工事も含め、大規模なバリアフリー工事を行うよりも安価で済むケースもありますので、検討する人が増えています。

メーカーや構造によって価格帯に大きな幅が

価格帯としては、比較的手の届きやすい製品で概ね40万円前後と言われますが、それでも決して安いものではありません。高額なものでは、工事費別で200万円以上の製品があります。もっとも安価なものでは17万円ほどの製品もありますが、電動ではないので、使用時には介助者が必要となります。電動式であっても、価格があまりに安いものは、安全性にやや不安があったり、操作が複雑といったデメリットがあります。利用者が安全に利用できることが第一ですので、価格の安さにのみ固執せず、安全性と使いやすさの面に重視して選ぶことが肝心です。本体価格そのものも高額ですが、埋め込み式タイプの製品は、電気工事や床下の掘り下げといった工事が必要となってきます。設置予定の場所に合う製品かどうかも含めて、事前にしっかり調べることが大事です。製品タイプを決めて以降も、メーカーや販売店との綿密な打ち合わせが必要となります。

購入もレンタルも事前の相談が最重要

車いすに乗ったまま利用できるタイプがもっとも便利で使いやすい製品となりますが、本体にいすが設置されているタイプもあります。短い距離であれば自力で歩行できるものの、段差の移動は難しい人向けの製品で、介助者がいれば車いすの人も利用できます。このタイプは概ね20万円前後が主流です。そういった安価なタイプでも購入となると、設置費用も含め、やはり気軽に手を出せない価格ではあります。段差解消機は、介護保険制度によって購入もレンタルも、費用の給付や補助が受けられますので、まずレンタルを考えるという方法もあります。介護保険から費用の補助を受けるためには、購入にしてもレンタルにしても、事前にケアマネージャーに相談することが必須です。バリアフリー工事でもなどでも、先に行ってしまってからでは介護保険の恩恵を受けることが出来なくなりますので、ここは最も注意すべき点です。